ABSって何?運転手が受けている恩恵

ABSはアンチロックブレーキシステムの略で、ほとんどの車についています。急ブレーキをかけた時にタイヤがロックしないための装置で、安全な走行をサポートするシステムです。タイヤがロックするとは、タイヤの回転が止まることです。ブレーキシステムはタイヤの回転力を落とすことで自動車を停止させるシステムですから、タイヤの回転が止まると、それ以上タイヤの回転力を落とすことができず、タイヤのゴムと路面の摩擦力だけで停止するしか無くなります。そうなると停止する力は落ちてしまいます。結果的に停止距離が長くなることになり危険です。タイヤがロックすることの危険性にはもうひとつあって、ハンドル操作ができなくなることです。いくらハンドルを切っても曲がれないことになります。これらの危険を回避してくれるシステムですから、正しいブレーキの踏み方をマスターしておきたいものです。アンチロックブレーキシステムが搭載せれていない頃には、ブレーキをいっきに踏むのではなく、何回かに分けて段階的に踏む、ポンピングブレーキが推奨されていました。アンチロックブレーキシステム搭載車では、その方法ではなく、ブレーキは一気に踏み込む方が安全です。

Filed under: 未分類 — boy 9:05 PM