盗難にあったら?

af9920069512w

 

車が盗難された場合にまず初めにやらなけれ

 

ばならないことは、警察にその事実について被

 

害届を提出することです。

 

最寄りの警察署に出向き、自動車登録番号、

 

自動車車体番号、色、年式、特徴、所有者及び使用者の氏名、被害届を届ける

 

者の氏名、事件が発生した年月日時及び場所、車内に置いていた貴重品、貴金

 

属、現金、等必要な情報を警察に伝えます。被害届が正式に受理されると、警察

 

から受理番号を発行してもらえます。この番号を無くさないようにしてください。

 

警察に行ったら次は運輸支局や自動車検査登録事務所で廃車の手続きを行い

 

ます。本来であれば廃車の際にナンバープレートが必要となりますが、前もって警

 

察から頂いた受理番号があれば特に何も問題なくこの手続きを行うことができるよ

 

うになります。なお正常に廃車手続きが完了すると今後、盗まれた車両で犯罪が

 

行われたり、偽造書類を使って売却される、という行為を防止することができます。

 

一方、自動車税についても手続きを行います。車が手元に無くなってしまったの

 

に自動車税だけを支払い続けることはありません。

 

このため、自動車税事務所や県税事務所にも同時に赴き、自動車税の抹消申告

 

も行うようにしてください。